悪質サイトだけを見て、出会い系サイトを否定しないでほしい。

悪質サイトと優良サイト

 

世の中に出会い系サイトといわれるものはたくさん存在している。
そのような沢山存在する出会い系サイトのなかで、サイト数という点でも、会員数という点でも一番多いのは、ポイント制のサイトである。
沢山存在するポイント制のサイトであるが、悪質サイトが横行している可能性が高いのもポイント制のサイトである。
世間的に悪質サイトと言われるサイトのほとんどがポイント制のサイトに集まっていると云っても過言ではない。

 

しかし、ポイント制のサイトが悪であるとは考えないでもらいたい。
悪質サイトと言われるサイトは、ポイント制のサイトの中の一部でしかないのである。

 

例えば、自動車は、事故などで多くに人の命を奪う。
しかし、自動車自体を非難する人は少ない。

 

出会い系サイトの一緒である。
出会い系サイトと自動車の違いは、出会い系サイトの便利さや良さが多くの人に伝わっていないことである。

 

人々が出会い系サイトの良さを実感する前に、出会い系サイトに関する事件などが起きてしまった。
それによって。出会い系サイト、それ自体が悪のように思われがちである。
付き合っている彼女とどこで出会ったのかと聞かれて、「出会い系で」と答えた時に流れる一瞬の間のようなものが流れるのも、それが原因であるように感じる。

 

出会い系サイトを批判する人に限って、出会い系サイトを利用したことも無いという人が多い。
優良サイトがあると知っている人からすれば、このような事態は、腹立たしいものである。

 


ホーム RSS購読