mixiでの出会い体験談 男性ディレクター28歳

 

大学時代からの友人が「出会いにはインターネットが使える。今流行のソーシャルネットワークサービスを使うと結構出会える」という話を聞き、詳しくレクチャーしてもらい、実行に移しました。
それまでの僕は、出会い系サイトを使った経験はありましたが、サクラに引っかかったり、待ち合わせにスッポカされたりで良い印象はありませんでした。
今回は、彼の言う言葉を信じて、もう一度インターネットを使って出会いを求めてみる事にしました。

 

彼が教えてくれた、mixiというサイトに早速登録しました。
プロフィールには、女性が食いつきそうなワードを乗せておきます。僕の場合は、「フリーランスでテレビ番組のディレクターなどをしています」と書き記しました。
プロフィールには嘘は書かない方が良いです。嘘がバレたら相手は速攻で離れていきますから。
僕はごく稀にテレビ番組のディレクターをすることもあるので、これは嘘ではありません。

 

mixiに登録している女性に足跡をつけていくと、「テレビ番組のディレクター」に注目したのか、向こうの方からその足跡をたどってメッセージをくれることがあるのです。
決して、自分からメッセージを送る様なことはしません。
あまりにやたらめったらメッセージを送ると規約違反になってしまう可能性もあるので、気をつけて下さい。

 

メッセージをくれた女性とやり取りを重ねていきます。
ここでも重要なのは、嘘は付かないことです。
あくまでも、本当のことを重ねながら女の子の興味を惹き付けていくことが重要なのです。
メッセージのやりとりをした女性とは、半分近い確率で実際に会っています。
若い女の子とは食事などだけで終わることが多いですが、人妻や熟女の方などは食事の中で身の上相談のような感じなり、なりゆきでホテルまでいくケースが結構あります。

 

いまだに連絡を取り合っている女性も多いですよ。


ホーム RSS購読